受験対策

中学受験が大学受験や高校受験と大きく違う点があります。
それは、まだまだ子どもだと言うことです。
反抗期の入り口に入っているとはいえ、自分で重大なことを判断するのはまだまだ困難です。
小さなことは自分で決めることができても、大切な決定は、親に委ねていたり、親の言いなりだったりします。
中学受験をするかどうかを決めるのは小学校3~4年生くらいのことが多いです。
もし、中学受験を考えたとき、早い子は3~4年生頃から、遅くても小学5年生には受験対策を考えて進学塾へ通ったり家庭教師に個別で授業をお願いした入りする家庭が多いです。
ただ、小学4年生はでは、自分の意思よりも「お母さんが喜ぶから」といった気持ちの方が勝っている時期でもあります。
親が期待すれば、その期待に応えようとする時期です。
まだまだ親への依存度は大きいです。

即ち、中学受験が親の意思で行われていると言うことです。
時には、親の見栄であったり、自分が達成できなかったことを子どもに託している場合もあります。
中学3年生や高校生にくらいになると、親の考えが間違っていると、それを指摘できるようになってきます。
しかし小学校4年生程度では、親の考えが正しいかどうかの判断は困難です。
中高一貫校へ進学した子どもさんの多くが大学受験のときに、「今度は自分で受験する学校を決めさせて欲しい、口出ししないで欲しい」と親にお願いするそうです。

また、大学までエスカレートで進学できる学校へ入学したこの多くが「もう、あんなにしんどくて辛い受験勉強をしなくていいと思うとホッとする。親の期待に応えるのは大変だった」といった類の発言をすることが少なくありません。
いろいろな考え方がありますが、まずは親の支配力が強すぎる家庭でないか中学受験の専門サイトでチェックしましょう。
子どもさんが何でも話せる雰囲気なのか、お父さんやお母さんの権力が強すぎないか、素直に言うことを聞くことを良し、としている傾向はないかです。
お父さんが暴君的なご家庭では、嫌なことを嫌と言えなくなります。
お子さんは無意識のうちに、とりあえず言うことを聞いておこう、となっていることもあります。
あなたのご家庭が「気持ちの風通しがよい家庭だ」ということが、中学受験を持ち出す時、大きな鍵となります。
受験対策は勉強だけでなく、受験をする子どもとその親の意識をあわせることも必要だと言えます。
子どもが自分の意思で受験をしたいと思うことが受験対策をする第一歩となります。