偏差値60台後半の私立中学受験を志望校にしていた藤沢(仮名)さんの体験談

子どものなりたい夢のために偏差値60台後半の私立中学受験を志望校にしていました。本格的に受験勉強を始めさせた時期は小学6年生からでした。しっかりと見てほしかったので家庭教師を呼んで勉強を見てもらいました。家庭教師の方は理系の方で算数の解き方のコツや理科の覚え方に詳しくて子どもも喜んでいました。やはり1対1で見てもらう方が子どもも集中煤頃が出来てよかったです。小学校の授業でも役に立っているとのことで成績が上がっていたことも嬉しかったです。中学受験のような相似した経験がないので、子どもには緊張しないように言い聞かせました。緊張しないように他の子とはなるべく関わらないようにすることと休み時間はなるべく教室にいないようにすることを言いました。空気がこもっていると酸素が薄くなって頭が上手く動かなくなります。中学受験で経験した事を胸に高校になっても大学になっても良い緊張感を持って試験に挑んでほしいです。